2016読書週間 ポスターイラスト描かせていただきました


2016年の読書週間用メインビジュアルは私、吉川ケイタですよ。
読書推進運動協議会に問い合わせしていただけたらポスターを送っていただけるそうなので、
全国の図書館や学校、書店関係者の方、ぜひご一報を!
そして、貼りまくっていただけたらと。

受賞記事はこちら
2016読書週間素材集

てことでそのお話を少々。
読書週間といえば毎年秋の恒例と言った感じですが、
そのイラストを毎年募集しているということは、知りませんでした。
僕は営業はしない(できない)タイプのデザイナーなので、
フリーランスとしては致命傷なのですが、
とはいえ、仕事の幅を広げたいなと、日々考えてたりしています。
そんなこんなで、最近は空いた時間に公募をチェックしたりしているのですが、
そこで見つけたのがこの読書週間の公募で、面白そうだったので応募してみました。
結果、大賞をいただきまして本日に至るのですが、
イラスト作成の際には実は葛藤もありました。
僕が今までやってきたようなイラストの範囲で作成するのか、
頭を真っ白にして考えた時に出すべきものを作成するのか・・・
というところなのですが、ここはなかなか重要なポイントで、結構悩みました。
僕は知名度も低く、僕のイラストのイメージなんかはあってないようなものですが、
それでも、今までの自分を否定したくないという気持ちもあり、
作成したい反面、なかなか手を動かせずにいたというのが正直なところです。
結果としては後者を選んで作成したわけですが、
今となっては良い選択だったと素直に思えます。
大賞をいただいたからと言えばそれまでなのですが、
元々人見知りで口下手な僕が、
唯一人とコミュニケーションを取れるツールがイラストであり、キャラクターなので、
その始まりに素直になり行動を起こせたことが、僕にとっての大きな収穫でした。
若い時は個性という言葉に振り回され、自分で自分を制限してきましたが、
そんな個性も判断するのは自分ではないですし、
プロでやるからには1日でも長く続けていたい、それが今の素直な気持ちです。
だからこそ、今後は色々なことに挑戦していき、
自分が思う個性ではなく、受けとった人たちが感じる個性が形成できたらなと強く思います。
それでは皆さん、今後ともよろしくお願いします。
僕はこれからもマイペースでやっていこうと思います。1日でも長く。
吉川ケイタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿されません